配偶者に内緒で専業主婦がカードローンの借入可能

専業主婦は本人に収入がないのに、お金を企業から借りれるという嬉しいサービスがあります。これは配偶者に収入があれば大丈夫なのです。配偶者からの同意書なども不要であり、婚姻証明さえ取れたら気軽にお金を融資してくれることになります。そんな専業主婦にピッタリのカードローンがあります。それは銀行系カードローンです。専業主婦なので所得も無いので所得証明書も不要です。それに配偶者に内緒でこっそりカードローンの借入が可能なので、今、殆どの主婦が多かれ少なかれ利用しているだろうと言われています。配偶者に内緒にする為にはカードローンの取引に置いて、形跡を家の残さない事です。それは、借入契約書類や、返済の領収書、借入明細書、そしてカードローンのカードの受け取りなども、郵送ではなく、手渡しで受け取れる自動契約機や、窓口などを利用して契約を結ぶと配偶者には何も連絡が行かず、配偶者に知られぬ間にカードローンで借入が可能となるのです。銀行系カードローンは専業主婦専用の借入プランがあって貸す過ぎないように、枠を低くしてありますから、借りすぎる事も無く、配偶者にバレル前にはもう返済を終わらせる事が出来ると思います。

一度借りたらくせになってしまうのでは?と心配…

最近のカードローンは、CMが爽やかに明るく流されているからなのか、誰しも当たり前に利用する感覚があります。 しかし、カードローンといえど、ローンはローン。 軽い気持ちで借りてしまったら、取り返しのつかないことになりそうで、正直私は怖いです。 家計を預かる主婦であれば、お金のやりくりに必死です。 自分の物云々でなく、子どもの教育資金、食費が足りないなどと、お金を借りたい時もたくさんあります。 でも、利子が気になります。 もし期限をすぎたら…考えると恐ろしいカードローンが、身近にありすぎて怖いです。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ